<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
通販の自転車屋さん
自転車を買おうと思って、Yahooや楽天で自転車店を検索してみた。もちろん、自転車好きの方が作っているサイトも参考にして、どういうところをポイントに通販店を選ぶのか、随分調べた。

自転車好きのオススメは、やっぱり地元の、マニアックで親切な自転車屋さん。が、あいにくこちらでは発見できなかった。通販を利用するなら、実績があり信頼できる、アフターケアもしてくれそうなところ・・・というあたりに着目して選ぶことになるだろう。

サイクリストオススメ通販店をいくつか回ってみて、結局決めたのがコチラのお店。値段はどこのお店も大差なかったし、あとは送料と、できればなるべく地元に近いところ(輸送などの距離が短くなるし・・・気休めだけど^_^;)、ということで。

楽天のショップだったので、そちらのフォーマットから注文したのだが、返信メールも結構丁寧で、こちらの質問にもきちんと回答してくださった。妹のものと2台注文したのだが、私のルイガノは納期が遅れるとのことで、支払いについても別々より1回で済ませた方が振り込み料が助かるからそうさせてもらいたい、と連絡したら、快諾してくださった。その後、フェンダーもこちらのお店を利用したのだが、当然楽天経由では送料が別にかかることになる。しかし、こちらもメールで「自転車と一緒に」とお願いしたところ、それで構わないと送料を引いておいて下さった。楽天のポイントもきちんと処理してくださり、こういうことを迅速にしていただくと、なんとなく信用できたりする。Amazonのような大きなところでは、全てコンピューター処理しているのでこのあたりの融通が利かない。

インターネットが市民権を得て、オンラインで買い物をすることも多くなった。
ネットショッピングがかけ出しの頃は、代金払っても送ってこないとか、カード番号を盗まれて不正利用されるとか、そういうマイナスイメージが先行していた。私は、結構初期からのネットショッピングユーザーだが、今のところアブナイ目にあったことはない。逆に、実態のある店舗より丁寧だったりすることも多い。リアルな店舗は、直接お客さんとやりとりがあるので、相手をわかったつもりになって、いい加減にあしらってしまうことも多々ある。足を運んでくれるお客にアグラをかいているって感じである。ところが、オンラインのバーチャルな店舗では、お客とのつながりがメール、あるいは掲示板しかない。インターネットの世界で、メールの返事が半日以上かかると、「遅い!」とみなされ、信用を失ってしまうことがある。だからこそ、オンライン販売では、メールへの対応が一番重要なポイントになる。

というわけで、ルイガノの入荷が楽しみな今日この頃である。
[PR]
by nasuka00 | 2006-03-07 14:47 | bike
ドロヨケ
"フェンダー"とも言う。
一般的なシティサイクル(ママチャリ、とも言う)の前輪と後輪に覆いかぶさるように付いている、金属製の、半円のわっかである。普通に自転車を使う人には あって当たり前のもので、ない状態の方が想像できないんだろうが、スポーツサイクルにはこれが付いていない。付いてない方がカッコいいのだが、ドロヨケの ない状態で濡れた道路や水溜りを走ると、きっと背中にしゅ~~っと筋が付くだろう・・・犬の糞でも巻き上げた日にゃ、とても笑えません(^_^;)

ただ、これが付いてるとタイヤを外して分解するときに手間がかかるらしい。私は全くの初心者なので、タイヤを外したりなんぞ当分しないとは思うが、自転車自体も 重量が重くなるだろうし、雨の日に乗る気はほとんどないので、注文した時点では取り付けてはもらわなかった。しかし、万が一、ということはあるから、簡単 に取り外しのできるものを買っておこうか、と思ってまたまた(ネットの)自転車店を散策。見つけたのがこれ。自転車には細かいサイズがあるし、仕様によっては付かないものもあるとのことなので、店の掲示板で問い合わせてみたところ、私が注文した自転車には取り付け可能と言うことだった。即決断。

自転車店のサイトを眺めていると、いやはや、自転車のパーツってこんなにあるんだ~~、と感心することしきり。本当に好きな人は、自分でパーツをオーダーして組み立てたりするんだろう。本当に、世の中には色々な「マニア」と呼ばれる人がいるものだ。

何の世界でも、本気でのめりこむと本当に奥が深い。自転車だって、普段は気付かないが小さなものから大きなものまで、様々なパーツで出来上がっている。そ の一つ一つ、一本一本に、素材、色、傾き、曲がり具合など、作る人と使う人のこだわりが詰まっている。いやぁ~、このスポークの、この太さと手触りと、光 り具合がいいんだよねぇ~~、なんてタイヤを撫でながら悦に入ってるマニアの誇らしそうな顔が目に浮かぶようだ。でも、だからこそ、いったん買ったものを 末永く、大切に使うことが出来るのだろう。

マニアになることは、モノを大切にすることなのかもしれない。こだわりを持つと、一つのものを長く使える。表面だけ気に入って買ったものは、飽きるとすぐに捨ててしまう。この法則、モノだけでなく、人間関係にも言えることなのかもしれない。
[PR]
by nasuka00 | 2006-03-03 14:47 | bike
バッグ選び
スポーツサイクルというのは、基本的に「カゴ」が付いていない。
カゴだけでなく、ママチャリには当然装備されている・・・っていうか、自転車にはあって当然だと思っている・・・後ろの荷台、前後のタイヤに被さってる泥 除け、そして鍵とベルとライトも付いてない。私が購入を決めたクロスバイクも、むき出しのタイヤ、フレームとハンドル、そしてサドル・・・大雑把に言えばそれだけしかセットされていない。言ってみれば、パソコンを本体だけで買うようなものかもしれない。プリンタやデジカメなどのパーツは、好みのものを選んでください、ということだ。

パソコンを持ち歩く時に、プリンタや外部記憶装置(外付けHDDなど)を一緒に持って出るのは面倒だし、荷物も増える。それと一緒で、自転車を車に積んだり、電車などの公共交通機関で運ぼうと思った場合、前カゴや泥除けなどの余計なパーツが付いていると分解してまとめにくくなるらしい。多くのスポーツサイクルは、工具なしでタイヤの着脱が出来るようにレバーが付いている(クイックレリーズレバーという)。折りたたみ自転車じゃなくても、小さくまとめることが可能なのである。

もちろん、オプションでカゴや泥除けを付けることは出来るのだが、見た目がカッコ悪くなるのと、やっぱり面倒なのが大きい。だから、バッグを持って出かけなければならない。あまり大げさではなく、もしかしたら普段の旅行とかにも使えて、日常のお買い物にも対応できるようなバッグ・・・さて、どんなのを選ぼうか。

バッグを選ぶ


自転車用のバッグには、直接身につけるものと、自転車に装着するものとあるのだが、よほどの長距離を泊りがけでツーリングでもしない限り自転車にモノを積 まなくてもいいだろうと思うので、身につけるタイプのバッグを買うことにした。これには、大きく分けてリュック型とショルダー型があり、前者はサイクリング以外でもトレッキングやハイキング、また普通の通勤や通学などにも利用されているので馴染み深い。後者はいわゆる"メッセンジャーバッグ"というやつだ。NYのメッセンジャーボーイ(自転車で郵便物や書類を届ける配達業)が、配達物を入れて肩からぶら下げ、颯爽と街を駆け抜ける姿で知られている。斜め掛けすると、ブラブラして邪魔になりそうな気がするが、安定させるためのウエストストラップが付いていたり、形状の工夫もされていたりして持ち易いらしい。長距離ライドならリュック型の方が便利な気がするが、自転車乗り用のリュックは、背中の風通しをよくするために、背当ての部分が微妙に湾曲していたり、ヘルメットホルダーが付いていたりしてちょっとハードな形のものが多い。そんなにガンガン乗るわけじゃないし、ちょいと買い物に行ったり、通学に使うのならメッセンジャーがいいかもね、と思って、とりあえずTIMBUK2のメッセンジャーバッグを購入することにした。普段使いなので色は黒。

サイズが結構豊富で、一番小さいメトロが可愛くて惹かれたのだが、食糧を買ったり、雑誌を買ったりすることを考えるとある程度の大きさが必要である。たま にはPCも入れるかもしれないし。Sサイズも割と大きそうだったので迷ったのだが、旅行にも使うことを考えてMサイズにした。昨日届いたものを見てみる と、これが結構大きかった。通勤のみに使うのなら、Sサイズでもいいかも。

フロントにもジッパー付きのポケットがあり小銭も入りそうだし、内部にも携帯入れ、ジップポケットなど仕分けも出来そう。キーストラップも付いている。上質のナイロン・バリスティックで作られた本体はとても丈夫そうで、内装もナイロン張りで水が入ってくる心配がない。外のベルトには、反射帯も付いている。 夜間の走行時に、ドライバーの目を引くだろう。とりあえず、バッグは決まった。

でも、リュック型もあると便利だよね。
と思いつつ、同じTIMBUK2のルーラを狙っているワタシ・・・(笑)
[PR]
by nasuka00 | 2006-03-02 14:45 | bike



なかなか旅に出られませんが、旅行に行ったつもりで一筆。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Memo
最新のトラックバック
クロスバイクがカッコいい..
from 折畳自転車で行こう!![折畳..
折畳自転車で行こう![折..
from 折畳自転車で行こう![折畳自..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧